シングルプレーヤーへの道は遠い?

サラリーマンゴルファーがシングルプレーヤーになるまでの過程を記録します。

スポンサーリンク

タバタのタッチマットでの自宅練習の効果は?ヘッドの入り方が安定しますよ!

みなさん、こんにちは。

  

自宅でのアプローチ練習器具をご紹介させていただきましたが、今回はその効果の検証をしてみます。

 

結論的には、継続するとヘッドの入り方が安定してきます。
スタート時点ではダフリが散見されましたが、今はほとんどダフリがなくなっています。 

 

low-handicapper.com


 

 

 

始める前の状況は?

 

マットに縦線が2本入ってますが、ボールを左の線の左側において、1ヤードのアプローチを練習しています。

 

横枠が5枠ありますので、5個ボールを置いて、下から順番にアプローチしていきます。

 

下の写真では5球中、3球がダフッています。 

 

 

最近の状況は?

今回は右の縦線の左側にボールを置いて、1ヤードのアプローチをしています。
下から5球ボールを置いてアプローチしてますが、4球目が軽いダフリ、5球目がダフリです。

f:id:lowhandicapper:20200908174243j:plain

1回目

 

2回目は結構うまくできてますね。
1球目が軽いダフリぐらいで、そのほかの4球はきれいにヘッドが入っています。

f:id:lowhandicapper:20200908174453j:plain

2回目

3回目です。
5球目がダフリですが、そのほか4球はうまく打ててます。

f:id:lowhandicapper:20200908174626j:plain

3回目

4回目です。
1球目と5球目が少しだけダフリですが、この程度なら大きなミスにはならないですね。

f:id:lowhandicapper:20200908174738j:plain

4回目

5回目です。
4回目まではランニングアプローチで行ってましたが、5回目はフェースを開いてスピンをかけるアプローチの練習をしてみました。
1球目、3球目、5球目が少し手前から入ってますね。

f:id:lowhandicapper:20200908174907j:plain

5回目


合計25球の1ヤードアプローチの結果を写真撮影してみましたが、ミスにつながりそうなダフリは2球でしょうか。
マットを使い始めた頃と比較すると、ずいぶんヘッドの入り方が良くなってきたと思います。

 

うまくヘッドを入れるために心がけていることは、右の縦線の左にボールを置いていますが、左の縦線にある仮想ボールを打つイメージを心がけています。
そうすると手前からヘッドが入らずに、ダウンブローの状態でインパクトができるようになってきます。 

 

実際のラウンドの状況は? 

1-4回目のランニングアプローチの成果が示しているように、実際のラウンドでもランニングアプローチはうまく打てるようになってきました。
ダフリとかの変なミスもしなくなりましたし、寄せワンも取れるようになってきました。

 

課題は5枚目のフェースを開いてあげるピッチショットですね。
こちらはまだまだ練習不足でヘッドの入り方がイマイチです。
実際、ラウンド中にバンカー越えのアプローチ、グリーン奥からのアプローチなどで使う機会が多いのですが、ミスの確率が高いです。

 

飛距離はかなり上がってきてますので、スコアアップに直結するアプローチも、もう少し練習していきたいです。

 

まだまだ暑いので練習場で長時間の練習はつらいですが、これなら自宅でテレビを見ながらでも練習できますからね。

 

タバタのタッチマットです。 

 

ネットも用意した方がいいです。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします! 

  

そろそろ猛暑も終わりですので、ゴルフに行きましょう!

 

ブログランキングに参加してますので、1クリックで応援をお願いします!。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

はてなブログのユーザーの方は読者登録をお願いします!

 

はてなブックマークもよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

  

  

  

  

  

 

スポンサーリンク