シングルプレーヤーへの道は遠い?

サラリーマンゴルファーがシングルプレーヤーになるまでの過程を記録します。

スポンサーリンク

外資系金融マンがすすめるオンライン英会話:Best Teacherはレッスンの仕組みが他の英会話とは違う!

みなさん、こんにちは。

 

今回はいつものゴルフネタから離れて、オンライン英会話の体験シリーズの第2弾です。

 

前回はBizmatesを紹介させていただきましたが、思ったよりもスターとはてなブックマークをいただき、ゴルフよりも読者ニーズの強さを感じました。

オンライン英会話のネタはいくつか持ってますので、もう少し記事を書いてみることにしました。

 

low-handicapper.com

 

今回はBest Teacherです。 

 

f:id:lowhandicapper:20200613113716p:plain

講師陣

 

Best Teacherは在宅勤務中に、英会話のレッスンをさらに強化しようと考え入会しました。

 

利用実績は16レッスンを完了しています。

少ないと思うかもしれませんが、Best Teacherは他のオンライン英会話とは全く違うレッスンの仕組みとなっていますので、1か月10レッスンが目標になっています。

f:id:lowhandicapper:20200613113218p:plain

利用実績

 

 

 

 

 

Best Teacherの特徴は?

私が実感しているBest Teacherの特徴は以下の3点です。

  • ライティングとスピーキングが鍛えられる珍しいオンライン英会話。
  • ネイティブによるライティングの添削と音声登録。
  • 充実した復習機能。

 

Best Teacherは、話したいことを英語で書いてから、添削と復習を経て、スピーキングのレッスンが行われる珍しいオンライン英会話です。

ネイティブではないので、英語で書けないは、話せないですよねが、レッスンの前提にあります。

 

自分で英語で書いたものを、ネイティブの添削を受け、復習した後に、スピーキングレッスンを行いますので、英語力全体が鍛えられる仕組みになってます。

 

YouTubeの紹介動画がありますので、ご覧ください。


初めてのオンライン英会話ベストティーチャー

 

レッスンの内容は?

Best Teacherのレッスンは、

  1. ライティング
  2. 添削
  3. 復習
  4. スピーキング

で4パートで1レッスンが構成されています。

同時並行で3レッスンを進めることができますので、スピーキングレッスンの間隔が大きく空くようなことにはなりません。

 

ライティング

自己紹介、会社紹介、商品説明、プレゼンテーションといった1,000以上のレッスンテーマから自分の話したいテーマを選択し、講師と最大5往復の会話を行います。

実際の会話に近いかたちで進みますが、自分の話したいことを考える時間も、その英語表現を考える時間も十分にあります。

また、最大5往復ですので、生徒の意思でライティングレッスンを終了することもできます。

f:id:lowhandicapper:20200613120214p:plain

ライティングの例

 

添削

ライティングレッスンが終了すると、講師による添削が行われ、よりネイティブが使う英語表現を学ぶことができます。

添削内容が不明であれば、スピーキングのレッスンで質問すると、講師が説明してくれます。

会話文が音声録音されてきますので、発音を身につけることができます。

 

f:id:lowhandicapper:20200613120605p:plain

添削の例

 

復習

仕組みとして良くできていると感じているのが、復習のシステム「ベストレ」です。

ベストレは4項目によって構成されています。

  1. Checking Correction:添削された文章を音声とともに確認します。
  2. Overlapping:ネイティブの音声に合わせて会話文を読む練習です。
  3. Shadowing:ネイティブの音声に続いて、会話文を発生する練習です。
  4. Dictation:ネイティブの音声を聞いて、聞き取った英文を書きとる練習です。

 

Dictationは効果は非常に高いのですが、普通にやると難しすぎて、すぐにあきらめてしまう練習です。

ただ、既に自分が書いた文章ですし、他の復習をしたうえで受けますので、いい練習になります。

 

f:id:lowhandicapper:20200613121414p:plain

ベストレ

 

スピーキング

スピーキングレッスンは1回25分です。

下記のような流れで進みます。

  1. ウォーミングアップをかねての自己紹介や雑談。
  2. 作成した会話文の読み合わせ。 
  3. 誤った発音の訂正。
  4. 添削に関する質問。
  5. 会話文に沿った意見交換。

自分で作成した文章ですし、復習も行っていますので、スピーキングレッスンでも話せますし、レッスンが盛り上がります。

 

講師は50か国以上から集まっているようです。昼間ですと、フィリピンの方が多いですが、朝だと米国やカナダの方も多いですね。

 

レッスンが終了すると、成績表が送られてきて、講師のコメントを確認できます。

 

さらに、復習機能として、終了したレッスンのベストレが使えるようになっています。

 

 

 

レッスンの効果は?

ライティング、添削、復習、スピーキングが1セットになってますので、何度も繰り返すことで、レッスンを行ったテーマに関しての英語力のアップが感じられます。

 

日経新聞の記事を使った「Best Teacher LissN by NIKKEIコース」を使っていて、時事ネタを 使ってレッスンを受けています。

 

仕事の英語はそこそこボキャブラリーもあるのですが、政治や時事ネタを英語で話すことができないので、そういうテーマを中心に選択してます。

 

ちょうど在宅勤務の時期は、コロナに関連する記事が多かったので、いろいろな表現を学ぶことができました。

 

初心者からビジネス英語を強化したい人まで、幅広く効果を実感できると思います。

 

良くある質問に対する回答を準備できるオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」
 

 

料金体系は?

料金は4種類あります。

  • 通常英会話コース:月額12,000円(税込み)
  • Best Teacher LissN by NIKKEIコース:月額13,500円(税込み)
  • 試験対策コース:月額16,500円(税込み)
  • 英検対策コース:月額16,500円(税込み)

 

教材費はありませんし、月会費以外に費用は発生しません。

 

月額料金は他のオンライン英会話と比べ高めになってますが、ライティングとスピーキングを同時に強化できることを考えると、それほど高いとは思いません。

 

 

必要なものは?

PC、スマホタブレットで受講できます。

スピーキングのレッスンは、Skypeまたは独自開発の ベストークを使って行われます。

 

 

無料レッスンからスタートしてみましょう!

Best Teacherはライティング、添削、復習、スピーキングという一連のレッスンの流れの中で、ライティングとスピーキングの能力を効果的に伸ばすことができるオンライン英会話です。

 

日常英会話からビジネス英語までカバーしてますので、初心者の方からビジネス英語を学びたい方まで、幅広いニーズに応えることができます。

 

無料体験レッスンでは、ライティング3回とスピーキングレッスンを1回受講できます。

無料会員から有料会員になるには手続きが必要なので、突然課金されるようなことはありません。

 

今回の記事を読んでいただいて、興味をお持ちでしたら、気軽に体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

はてなブログのユーザーの方は読者登録をお願いします!

 

 

 

スポンサーリンク