シングルプレーヤーへの道は遠い?

サラリーマンゴルファーがシングルプレーヤーになるまでの過程を記録します。

スポンサーリンク

ODYSSEYのパターフィッティングの指摘を踏まえて、ザ・レールで練習!どうでもいいことですが、300ヤード近く飛ばす体を初公開!

みなさん、こんにちは。

 

先日ODYSSEYのパターフィッティングを受け、シャフトの長さは通常より短い32インチが適正とアドバイスされ、パターをカスタムオーダーしました。
届くのに時間が3週間かかるので、それまでは今使っているパターを短く持ってくださいとアドバイスされました。

  

low-handicapper.com


  

  

パターを短く持つと?

ODYSSEYのパターフィッティングで、パターを長く持ちすぎていて、ボールが自分の目の下に置けていないとの指摘を受けました。
それによりアドレスした時点で左右差が生じやすいうえ、ストロークがスムーズに動かないこともあるとのことでした。

 

今回初公開の私のパッティング練習中の写真です。
顔出しはしていないので、非常にわかりづらいのですが、パターを短く持って構えると、自分の目の下にボールが置けるようになりました。

f:id:lowhandicapper:20201014172841j:plain

パッティング練習


言葉で説明できないので、ブログに自身のボディを初公開しました。
300ヤード近くドライバーで飛ばしている中年サラリーマンのボディはこんな感じですね。
32インチのパターが適切と言われていることから想像できますように、身長は168㎝と低く、体重は80キロはないと信じてます。

この体で3月にヘッドスピードが42m/sでしたが、今では自己最速56.5m/sです。
みなさんもできると思いませんか?
 

パター練習にはザ・レール!

自宅でのパター練習にはザ・レールを引き続き使ってます。
ザ・レールの特徴の一つに、目線の下にボールがあるかどうかをステンレスに写っている自分の目線で確認することができます。
今の私の課題解決にはもってこいの練習器具です。

 

短く持って練習するようになってから、レールの最後まで転がる回数がアップしています。

 

f:id:lowhandicapper:20200816152141j:plain

横からのザ・レール

 

自宅でのショートパットの練習には最適な練習器具だとあらためて思いました。 

 

 

ODYSSEYのパターフィッティングに行ってからようやく1週間たちました。
オーダーしたパターが届くのに、まだ2週間ぐらい残っています。
新しいパターに変えることで、パターの病から抜けられると信じて、日々練習を続けようかと思ってます。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

 

秋になりましたので、ゴルフに行きましょう! 

ブログランキングに参加してますので、1クリックで応援をお願いします!。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

はてなブログのユーザーの方は読者登録をお願いします!

 

はてなブックマークもよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

  

  

  

  

  

 

スポンサーリンク