シングルプレーヤーへの道は遠い?

サラリーマンゴルファーがシングルプレーヤーになるまでの過程を記録します。

スポンサーリンク

休ショット日は休肝日と同じぐらい持ちませんでした

みなさん、こんにちは!

 

アメブロからはてなブログに引っ越してきて2回目の投稿になります。アクセス数も思っていたより順調に増えてますので、引っ越してきて良かった思ってます。

 

前回の投稿で日曜日の月例の結果がイマイチだったとお伝えしましたが、気分転換に休ショット日を試してみました。もともとラウンドの翌日は疲労回復のために、練習場には行かない日が多いです。

 

今回は昨日だけでなく、今朝も行くのを止めてみました。休肝日ならぬ、休ショット日です。ただ、お昼ぐらいになると在宅勤務をしている最中もうずうずしてきて、我慢ができなくなってしまいました。アル中もそうなんですが、ゴル中なんでしょうね。

 

そこで、自宅の近所のインドアのゴルフレッスンを受けてきました。ここのレッスンはゴルフを始めた2012年頃からお世話になっています。緊急事態宣言後も十分な感染予防対策をしたうえで、営業を続けている数少ないところです。

 

GW中はお休みだったので、2週間ぶりに行ったので、最近飛距離は伸びてるのですが、曲がりが酷いということや、ダフリもあるとの話をしたところ、インパクトの意識が弱いのではとのアドバイスをもらいました。

 

ドリルとして紹介いただいたのが、下の写真のように、3つボール並べて真ん中のボールを打つ練習。有名なドリルで昔シャンク対策として教えてもらったこともあったのですが、久しぶりにやるといいですね。

 

 

f:id:lowhandicapper:20200512154309p:plain

 

ボールを置くだけでインパクトに対する意識が高まって、インパクトがいつもより厚い感じで、飛距離も方向性も良くなりました。

 

この練習はアプローチ練習にも活用できるとのことで、試してみると。ウェッジの芯にかなりの確率で当たりますね。フェースの当たる場所のバラつきが距離感のバラつきにつながるそうなので、アプローチの改善にもつながるかもしれません。

 

早速、明日の早朝に練習場に行って実践してみたいと思ってます。 皆さんも知ってるよと思うかもしれませんが、試してみてください。当然ながら1つだけ打つのはなかなか難しく、他のボールも一緒に打ってしまうこともあるので、周りには注意してお願いします。

 

アプローチで思い出しましたが、室内のアプローチ練習にはこのマットがベストです。

 

 詳しい使い方はこの記事をご覧ください。

low-handicapper.com

 

昨日が休肝日でしたので、この後お酒を飲みたいと思います。タバコは10年以上前にやめたのですが、お酒とゴルフはなかなかやめるのは難しいですね。

 

それでは、引き続きよろしくお願いします。

スポンサーリンク