シングルプレーヤーへの道は遠い?

サラリーマンゴルファーがシングルプレーヤーになるまでの過程を記録します。

スポンサーリンク

パター専用練習ボール「おもかる」を購入!その評価は効果がありそう!

みなさん、こんにちは。

 

パター専用練習ボール「おもかる」を買ってみました。

f:id:lowhandicapper:20200627142258j:plain

 

おもかるは、最近紹介している激芯ゴルフに登場する日本初のパターコーチ南 秀樹さんが第10回の放送で紹介していました。

 

low-handicapper.com

 

私もパターをもっと上手くしたいと思ってますので、早速買ってみました。

これを使って練習していると、ボールをまっすぐいい転がりで打ち出せるようになりそうです。

 

 

 

「おもかる」とは?

通常のゴルフボールは46gぐらいなのですが、おもかるはその名の通り、100gのボールと25gのボールがセットになったものです。

 

この2つのボールを使って練習することで、プロの様なボールの転がりを手に入れることができるのがポイントです。

 

渋野日向子プロもこのおもかるを絶賛しているそうです。

 

南コーチが使い方をご自身で説明しています。


【パターの練習にはコレ】シンクロゴルフ おもかる 南秀樹プロによる解説動画

 

練習方法は?

おもかると通常のゴルフボールを用意します。

重いボールを数球、軽いボールを数球、通常のボールを数球という順番で練習します。

  1. 重いボールはテイクバックせず体全体を使って押し出すことを覚えます。
  2. 軽いボールはテイクバックを行いボールを強めにヒットする感覚を覚えます。
  3. 通常のボールをテイクバックして打つことで、通常のボールを重く感じボールを押せるようになって、正しい転がりを習得することができます。

 

実際に練習した効果は?

100gのボールは通常のボールの2倍の重さがあるので、手打ちがなかなかできません。

確かに体全体で押し出すことが覚えられます。

しかも、まっすぐ打ち出せないと、ボールが左右に曲がってしまいます。

 

次に25gのボールは本当に軽いので、転がりもません。

強めにヒットしないと転がらないので、インパクトが強くなります。

 

最後に、普通のボールを打つと、いつもよりインパクトが強めで、転がりのいいパッティングができている気がします。

 

パターがうまくなりたい人にオススメ!

転がりのいいボールを打てるようになることが、距離感のいいパットができるようになるコツではないかと思っています。

 

この「おもかる」を使って練習すれば、渋野プロのような強めなパッティングが打てるようになるはずです。 

 

いつもは飛距離のことばかり言ってますが、270ヤードのドライバーも、1メートルのパットも同じ1打です。

パターは14本のクラブの中で一番使う回数が多いですから、うまくなればスコアアップに直結します。

パターがうまい人はなかなかスコアが崩れませんよね。

みなさんの周りにもそういう人いますよね?

 

みなさんも、「おもかる」ぜひ試してみてください!

 

 

 

ブログランキングにも参加してますので、こちらも応援をお願いします!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

ブログ村の読者登録バーナーができたそうなので、こちらもお願いします!

シングルプレーヤーへの道は遠い? - にほんブログ村 

 

はてなユーザーの方は読者登録をお願いします!

 

はてなブックマークもよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーリンク